fake wings
 誰の影響受けてるかモロバレな絵です。主に右側の模様的な意味で。最初は落書きのつもりだったのにいつの間にか突き抜けてた典型パターン。ちょっと趣向を凝らしてリアルめの絵を描いてみようというところから始まった絵でした。
 描きはじめの時はポーズもシチュも違って「胸の前に手を組んで祈りを捧げている」というものだったのですが、いつのまにか「シーツの上に寝ている」というシチュに変わり、そして更に後ろに羽根のような何かが付き、最終的には寝ているようにすら見えない絵になってしまいましたOrz 違うの羽根(みたいなの)をちゃんと取り込もうとするとこの角度しかなかったの! 角度が違えばもう少しは寝てるように見えたはずなの!
 ということで。今回は殆どアナログのみでの制作になりました。フォトショップでやったのは背景関係と色の調整だけですね。実際のところモノクロ絵ですが割とそれっぽく見えるもんなんですね。作った自分が出来上がりに驚いた。右側の模様は羽根を意識してないわけではないですが付いてる場所からしてコレを羽根と言っていいものかどうか。左半分を写実的、右半分を抽象的に描き分けてたらこんなことに。羽根のように見えなくもないので羽根ということにしてもいいのですが。
 ちなみにタイトルは聞いてた曲から適当につけました。ええ、梶浦さんです⊂(・ω・`⊃ )⊃